宵闇堂経営記録-不定期営業-

日々起こった出来事から、気になる音楽、ゲーム、漫画に小説まで幅広く。 具体的には東方シリーズ、同人音楽(SoundHorizon、片霧烈火、霜月はるか、茶太、eufonius、etc...)等など

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  読み物
tag : 

「最近Kanの漫画紹介が少ない」「こいつ漫画とか読まなくなったのか?」などと感じてた人も居るかもしれません。はっきり言いましょう。そんなことあるわけねーじゃん!!と。
久々に漫画買って気づきました。やはり漫画は私の生存エネルギーです。というわけで今日は只管漫画紹介ですよ。
ちなみに、棺担ぎのクロ3巻は発売延期だったのですね。本屋4件も回って探したのに……まぁアニメ化の話とかで忙しいんでしょうが。きゆづき先生には頑張っていただきたいです。



日常 (4) (角川コミックス・エース 181-4)日常 (4) (角川コミックス・エース 181-4)
(2009/01/26)
あらゐ けいいち

商品詳細を見る



あらゐけいいち氏の最新作、日常の4巻。もうこれやべーよ。巻を増すごとに楽しさが増大してます。多分キャラがちゃんと立ってきたからかな。最初のほうは手探り間満載でしたが、ここに来て過去のキャラ設定を踏まえつつ話が展開するようになりました。シュールな笑いが好きな人は是非。
ちなみに私が1番好きなのはカフェの話。私も店員さんに「エスプレッソですととても小さなカップになってしまいますが……」って言われたことあるしね!あのちょっと気取ってみたのを看破されて貶められたように感じるほど絶望することはなかなかないわ……。



キルミーベイベー (1) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)キルミーベイベー (1) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)
(2009/01/27)
カヅホ

商品詳細を見る



本屋で見つけて衝動買い。この表紙が面白くないわけがない!実際凄い面白かったです。実は2回スルーしてるんですけどね。3件目で見てもやっぱり面白そうだったので買っちゃったわけです。
この金髪の娘殺し屋なんですが、そこはあんまり関係なく。この二人のゆるゆるのバカなやり取りを見てるのが凄い面白いんです。ちなみに上に乗ってる子がどうしようもなくバカです。GAのトモカネをもっと考えなしにした感じ、といえば伝えたい人には伝わるに違いない。
きららはこういう漫画が多いですが、その中でも「ゆるさ」と「2人の世界」を凝縮して描いた作品。表紙に反応したら買って間違いありません。



エンマ 2 (2) (ライバルコミックス)エンマ 2 (2) (ライバルコミックス)
(2009/01/05)
土屋 計

商品詳細を見る


エンマが可愛い。以上。
……としてもいいんだけどもうちょい。お話としては、人が大量に死ぬ可能性を秘めた人間(戦争好きな王、殺人鬼など)の下へ向かい、善悪関係なく殺すというお話。この「善悪関係なく」というところがミソです。勧善懲悪ではない。「人を殺す」という行為の前には、全ての存在が平等です。
ただし、「閻魔王のお情け」というものがあり、これに関しては殺し方と関係するので詳細は省きますが、上手くすると死なないこともできるのです。それ即ち、心の底からその人を想う人がどれだけいるかということ。ヒトラーとかどうなってるのかなと思いましたが、彼が少なからぬ人から尊敬されていたことは事実だろうと思うので、きっとそういうことなのでしょう。
少年誌の割になかなか重いテーマを突きつけてきます。あと、人と触れる度にエンマがちょっとずつ色んなことを考えていくのが面白い。ちょっとシナリオがマンネリ化しそうなのが怖い(ライバル登場なんてなったらもう終わり)ですが、続きが期待される漫画です。



恋愛ラボ 2 (まんがタイムコミックス)恋愛ラボ 2 (まんがタイムコミックス)
(2009/01/07)
宮原 るり

商品詳細を見る



何て言ったらいいんだろう。基本的にはこれもバカなやり取りを見て楽しむものなんですが、舞台が「お嬢様学校」ということもあり、色々な確執とか恨みつらみがあったりして、そういった展開を読むのもまた良です。とりあえず、生徒会長(代理)の真木さんの暴走機関車っぷりが半端無い。これは女性作家さんだから書けるんだろうなぁといったところ。男だとなかなかこういった心理までは分からないものですからねぇ。
余談ですがしもつきんはカトリック系のお嬢様学校出身なのですね。校則も厳しかったようで、一つに髪を結わえるのも禁止だったそうです。それおかしいだろーと思って、理由をシスターに尋ねたら「茶目っ気が出るからです」って答えたそうです。シスター、さすがだぜ。




空色動画 1 (1) (シリウスコミックス)空色動画 1 (1) (シリウスコミックス)
(2008/04/23)
片山 ユキヲ

商品詳細を見る



欲しい欲しいと思ってた漫画。偶然近くの本屋で発見したので即買い。っていうか何でアニメイトとかメロンにないんだ……薄々感づいてたけど、品揃え悪いっす、あそこ。
とまぁ愚痴はその辺にして。この漫画は、内気な女の子とクラスの人気者女子2人の合計3人がひょんなことから集まって、アニメを作ることになるっていうお話。もう、ひたすらにアニメを作っていきます。アニメなんか作ったことないし、絵だってそんなに上手くない(のも1名いる)のに、「何かアツイから」という理由だけでアニメを作る。その真っ直ぐな感じがたまらなく爽快です。勿論時には衝突しあうこともあって、そこら辺も見所ではあるのですが、とにかく前へ前へと突き進むパワーがもらえる作品でした。今2巻まで出てて次の3巻で終わりだそうなのですが、多分3巻が最高潮なんじゃないかな。そういう意味でも気軽に手にとれる本だと思います。


以下、前にも書いたけど折角なのでもう1回。



プピポー! 2 (Flex Comix)プピポー! 2 (Flex Comix)
(2009/01/08)
押切 蓮介

商品詳細を見る



皆大好き押切蓮介先生の本。相変わらず若葉が可愛いです。何かこれしか言ってないな、自分。
新キャラ登場、新展開突入により物語が動き出しました。3巻からが本番っていうところかな。
ミスミソウやゆうやみ特攻隊はミステリアスというより完全にホラーですが、これは表紙からも分かるように、非常に明るい感じで描かれています(相対的に、ですが)。押切先生の本読む人は、まずはこれから入るのが吉だと思う。ミスミソウは軽くトラウマになりかねないし、ゆうやみ特攻隊もひぐらし的な怖さがあります。そういうのダメな人にも気軽にオススメできる漫画。黒髪少女好き&廃墟好きの人は是非押切ワールドに触れて欲しいものです。


くおんの森 (1) (リュウコミックス)くおんの森 (1) (リュウコミックス)
(2008/11/20)
釣巻 和

商品詳細を見る



表紙の世界観は圧倒的。だけれどもコマ割りとか背景、台詞がちょっと見づらい箇所があったり。まだ若いとのことなのでそこら辺が上達した上でこうした世界観を描き続けるなら、多分物凄い作品が生まれることになるんじゃないかなと思います。何様だ、私は。とりあえず、表紙買いすると危険な部類ではあるのかも。




さよなら絶望先生 第1集 (1) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第1集 (1) (少年マガジンコミックス)
(2005/09/16)
久米田 康治

商品詳細を見る



今更絶望先生。昨日古本屋で発見して衝動買いしてしまったのです。立ち読みじゃ紙ブログとか読めないしね。最早説明する必要も無いほどの漫画(だと私は思ってる)のだけど、確かに面白いかどうかって聞かれたら微妙な作品だなぁこれは。なんと言うかそういう次元ではなく、この絵、キャラ、シナリオ全部で完結したものになっているから、続きが気になるとかそういうことは無いのだけど、連載終了したと聞いたら間違いなく惜しむ、そんな作品ですね。というか久米田先生、生活の質はちょっとでも向上したのでしょうか……。お金が入ったとかじゃなくて、星の廻り的に。浅井ラボ先生もそうですが、どうして作家さんにはこうも不幸体質の人が多いのやら。



――――――――――――――――――――――――


はい、以上漫画紹介でした。とりあえず私としては上3つくらいがオススメかなー。勿論万人にではないですが。あと、キルミーベイベーが好きな人は空想科学Xも読むといいと思うよ。きっと共鳴するはず。
それにしてもいよいよもって漫画の置き場が無くなってきました。このまま本棚を買い続けると手とリスみたいな部屋になってしまう……まぁ、それはそれでいいか。
来月何か出るかな~と思ったら、デイドリームネイションとはるみねーしょんが出るのですねー。カシミール先生と大沖先生とか色々とカオス過ぎ。これは来月が楽しみだぜ……。
ちなみにまだ読んでないのですがおませで御免もついに買っちゃいました。だって残虐少女好きなんだもの!あ、言っときますが18歳未満はぐぐっちゃだめですよ、絶対。


さて、午後からは部活の集まりです。まぁ頑張ってこようっと。





スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cherrybreeze728.blog22.fc2.com/tb.php/591-e91663ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Kan

Author:Kan
ひまわり-Pebble in the Sky- Portable

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。