FC2ブログ

宵闇堂経営記録-不定期営業-

日々起こった出来事から、気になる音楽、ゲーム、漫画に小説まで幅広く。 具体的には東方シリーズ、同人音楽(SoundHorizon、片霧烈火、霜月はるか、茶太、eufonius、etc...)等など

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  日記
tag : 

昨日は夜に、仏語選択者によるお疲れ様&単位取れてたらいいよね会が催されました。少人数でまったりとしゃぶしゃぶしながらお喋り。お酒も入らず終始和やかな感じで、非常に素晴らしい会でした。
まぁ和やかすぎて特にネタになることもないのですが、私はそんな雰囲気のほうが好きです。強烈にインパクトに残ることは月1くらいでいいよねー、その場を楽しく過ごして後忘れるほうがいいよねー、とかそんな感じで。


あと、それに参加する前に、友人が働いているというカフェに行って参りました。友人価格で半額サービスということだったので前々から行きたかったのですが、なかなか時間が取れずいけずじまいだったので。
結構大きく造りの良いカフェだったので入る時ドギマギしていたのは秘密です。しかし、一歩店内に入ると流れるジャズの音楽、適度に落とされた照明、芳しいコーヒーの香り、全てが調和して落ち着いた雰囲気を作り出す、非常に心地よい空間が広がっていました。
折角なのでケーキセット(1200円→600円。お得!)を注文。本を読みつつチーズケーキを掬い、コーヒーを飲むのは本当に幸福な時間でした。甘いケーキとコーヒーの苦味が合うこと合うこと。私酸味の強いコーヒーと、変に舌に苦味が残るコーヒーは好きではないのですが、ここのブレンドコーヒーは非常にすっきりした味わいでした。適度に残る苦味が、更にケーキの味を引き立てる。なるほど、ケーキセットとはこういう風に楽しむものなのかと一人で感心しきりでした。


店内には私のほかにもう一組お客さんがいたのですが、彼らが帰るとオーナーさんから「淹れてみたのでどうぞ」とバニラの紅茶をいただきました。感謝と共にバニラの紅茶なんてあるのか!と驚きましたが、言われてみれば香りは甘く、それでいてさらさらしていて、これは紅茶苦手な人でも飲めるんじゃないかなと思いました。それにしても、明るく気軽に接してくれるオーナー夫妻は本当に素晴らしい方々でした。やっぱりカフェの雰囲気はオーナーさんが作り出すものなのだろうな、なんて思ったり。ドトールとかスタバとかも悪くないですが、1つや2つこういうお気に入りのカフェがあると、人生の楽しみがまた厚くなるのかな、なんて思いました。



昨日の出来事はだいたいここまで。以下中原中也詩集に対する感想。暇な時にでもどうぞ。



初めて詩集というものを読んだのですが、分かったことが1つあります。それは、詩集は図書館で借りて表紙からページを捲っていくものではなく、本棚に並べ、ふとした時にぱっと開いて、好きな箇所を読むものだということです。
最初に読んだのが彼のだったから良かったのか分かりませんが、詩集というのは本当に美しいものです。きらきらした言葉が詰め込まれた葛籠、とでも言えばいいのか。とにかくその美しさは、やはりそのものに触れていただきたい。ということで、私が1番心に残った詩を抜き出してみます。


月夜の浜辺

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打ち際に、落ちてゐた。

それを拾つて、役立てようと
僕は思つたわけでもないが
なぜだかそれを捨てるに忍びず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打ち際に、落ちてゐた。

それを拾つて、役立てようと
僕は思つたわけでもないが
    月に向かつてそれは抛れず
    浪に向かつてそれは抛れず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、拾つたボタンは
指先に沁み、心に沁みた。

月夜の晩に、拾つたボタンは
どうしてそれが、捨てられようか?



読んで動悸がする文章とは、なかなかあるものではありません。こういうリズムを聴く度に、あぁ言葉は大切に扱わねばならぬと思い、日本人に生まれて良かったと思うのです。
他にもいくらか詩集はあるので、少しだけでも目を通したいところ。何だかこの春休みは、忙しいことになりそうです。
言葉を多くするのはよくないので、感想など言わずにここまで。あとは読んでくれた人が感じてくれたらいいかなと思うのです。

スポンサーサイト

コメント

『中也が愛した女』舞台公演のご案内
突然のコメント失礼致します。

この度 弊社で企画・制作致します舞台、
『中也が愛した女』 のご案内をさせて頂きたく
不躾ではありますがコメントさせて頂きました。

誠に勝手で申し訳ございませんが、ブログを
読ませていただき、関心を持っていただければと、
投稿いたしました。

下記URLが「中也が愛した女」のサイトです。
http://www.chuyagaaishitaonna.com/

ご興味がありましたら是非お越しくださいませ。

このようなコメントが失礼に当たりましたら大変申し訳ございません。
何卒御容赦くださいませ。
2009/02/18 15:35URL  『中也が愛した女』 事務局 #mI48EtgQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cherrybreeze728.blog22.fc2.com/tb.php/593-ae42fb02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Kan

Author:Kan
ひまわり-Pebble in the Sky- Portable

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。