宵闇堂経営記録-不定期営業-

日々起こった出来事から、気になる音楽、ゲーム、漫画に小説まで幅広く。 具体的には東方シリーズ、同人音楽(SoundHorizon、片霧烈火、霜月はるか、茶太、eufonius、etc...)等など

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  日記
tag : 
今回の旅行は「~が楽しかった」というよりは旅行全体として非常にまったりした感じだったので、これこれと取り上げて書くのは難しい、という結論に至りました。
そういうわけで、写真を載せながらそれぞれについてちょこちょこと書いていこうと思います。
いきなり表示だと重いだろうので追記からどぞ。




IMGP1932.jpg



明石大橋(確か)。よくこんなん作ったなぁ人間って凄いな~って皆で話してました。夜はライトアップされてて凄い綺麗でした。カメラの調子が悪く(或いは私の腕が悪く)綺麗に撮影することができなかったので写真は無いのですが。












IMGP1954.jpg


渦潮が見えるというところで撮ったもの。残念ながら渦潮は消えてしまっており見れなかったのですが、海を45m上から見下ろすという経験はなかなかできないものなので、それはそれで貴重だったかなと。いつかおっきな渦潮を見に行きたいものです。
余談ですが、どうして人はガラス張りの床の上に立ちたがり、あまつさえ飛び跳ねるのか……。おじさん、その歳でそれはないですよ。










IMGP1958.jpg


昼ごはん、イノブタ丼。「イノ」っぽさがあまり感じられませんでしたが、普通に美味しかったです。上に乗ってる卵を割ろうか割るまいか悩んだのですが、黄身が既に固まってたので杞憂でした。ちぇ。










IMGP1986.jpg


イザナギ神社。既に6時近かったので他に誰も居ませんでした。当然か。
ご多分に漏れず絵馬は受験関係のことが多かったのですが、国産みの神ということでなんだかご利益がありそうです。とりあえず日本が崩壊しないようにとだけお祈りしてきました。







以下、水仙郷特集。今回の旅行のメインにして最高の場所でした。あそこなら何時間でも居られますね、ほんと……というわけで、写真とともにどうぞ。








IMGP1961.jpg


白いのが全部水仙です。平面のお花畑みたいなところを想像していたので、山の斜面を埋め尽くすほどの水仙というのは予想以上でした。














IMGP1964.jpg


少し近づくとこんな感じ。見られてます、見られてます。













IMGP1976.jpg


接写。花の甘い香りがそこかしこに広がっております。白と黄色のコントラストがなんとも言えず、非常に可憐な花でした。










IMGP1969.jpg


梅も咲いておりました。実家の庭先の梅が咲くのはもう少し先かな……。











IMGP1965.jpg


うぐいす!と思ったら「めじろだよ」って近くのおじさんに言われました。人だかりができて、ちょっとしたアイドルみたいにカメラを向けられていました。ちょこちょこ動き回って蜜を吸う姿が可愛らしかったです。
(鳥の名前修正。おじさんは合ってましたよ)














IMGP1973.jpg


海と水仙。こちら側は日が当たりすぎるため枯れてしまっているものも多かったのですが、それでも蒼と碧のコントラスト、白と黄色のアクセントがなんとも言えませんでした。

















IMGP1974.jpg


私が1時間見続けた景色。そして、ナルキッソスが見続けている景色。
思い出したようにipodを取り出し「ナルキッソス」を聴きました。何だか、良い哲学ができそうでしたが、ともすると一飛びする勇気が出そうなのでやめました。それくらい美しい場所でした。






とまぁ、写真で紹介できる場所はこんなものでしょうかね。水仙郷の美しさが少しでも伝わったらいいんじゃないかなと思います。
今回の旅行は気心の知れた友人らだからできたもの。一人は小学校、もう一人に至っては幼稚園からの付き合いですからね。年期入ってます。


自分でも免許取って、車……は買わないとは思うけど、レンタカーでも借りて今度は泊まりで行きたいなと思いました。夕焼けに染まる水仙と海とを眺めたい。そして温泉宿で星を見ながら露天風呂に浸かり、畳の部屋でゆっくりしたい……などなど、色んなことを考えてしまいました。そう遠くないうちに実行に移せたらなーなんて思っております。


とりあえず、こんな素敵な場所への計画を立て、一日中運転してくれたwataに感謝を。良い友達を持ったものです。
そして、こんな景色を残してくれている多くの人に感謝を。こういった景色が、少しでも長く地球上に存在していますように。

スポンサーサイト

コメント

ぅわー(*゜▽゜*)

水仙いぱーぃ(*´艸`*)キレイ
パパが飛ばないで帰ってきてくれて嬉しぃよ(笑゛

2009/02/11 12:12URL  白虎 #-[ 編集]


綺麗でしょー。いいとこでしたよ。
帰ってきて喜んでくれる娘が居る限りまだまだ飛びませんよw
2009/02/11 18:58URL  Kan #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cherrybreeze728.blog22.fc2.com/tb.php/595-6e667d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Kan

Author:Kan
ひまわり-Pebble in the Sky- Portable

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。